秋のハウステンボスにいってきました

  • 2011.10.23 Sunday
  • 23:52
 先日、10月17日から2泊3日で
長崎ハウステンボスへ行ってきました。
最近、スケッチツアーは雨が多かったので、
どうも雨女ではないかと噂されていたのですが

なんと3日ともよいお天気に恵まれました。
ありがとう、空の神様。


これは朝の様子。
町の中を流れる運河に白鳥が泳いでいます。



思ったより広く、遠景までしっかり外国の風景なので
本当にかなり外国ぽいです。
日本らしいなあ・・・と感じたのは
賑やかな音楽がガンガン鳴り響いていたこと。
もう少し小さな音にしてもらえると
ムードがあるのですが。



現地でのスケッチ。
バラの花が咲き、神殿風の建物がいい雰囲気。



敷地の一角では
ガーデニングのオリンピックショーをしていて、
そこに向かうメープルの並木道が
黄色く染まってとても綺麗でした。

ここはちょっとフランス風な雰囲気。

ヨーロッパに行かずに
外国の雰囲気を楽しめる
スケッチにはお勧めの場所です。

同行した皆様も各自思い思いにスケッチを
楽しまれ、とてもよい絵を描かれていました。
参加された皆様、
ありがとうございました。




北海道帯広ツアー

  • 2010.06.28 Monday
  • 00:21
話題が前後しますが、名古屋へいく前に
北海道の帯広へ行くツアーに参加しておりました。

本州では梅雨入りの頃でしたが、
帯広は連日良いお天気で暑いくらい。
腕には日焼けでくっきり腕時計のあとが・・・。
空気が澄んでいるだけに、かなり日差しは強いです。


きれいな青空。幸福駅側の景色です。
北海道ぽいなあ。

中札内美術村へ移動してスケッチ。

柏の林。木漏れ日が美しいです。

小さなスズランも沢山咲いていて良い香りでした。

次の日の朝の、然別湖畔。
さすが日が昇るのも早いです。
4時にはすっかり明るくなってました。


こちらは糠平湖にある糠平川橋梁。
北海道開拓頃の鉄道に使われた橋脚が残っています。


最近、山菜採りの方がヒグマにやられたという事故があり、
山の中ではヒグマに怯えながらのスケッチでしたが、
それよりも大量のヤブ蚊に悩まされました。
体温の高い方がいけにえとなり、集中攻撃を受けていました。

ここでのスケッチはまだ写真に撮ってないので
少々お待ち下さい。

イギリス旅行の報告その2

  • 2010.06.16 Wednesday
  • 11:36
ボートン・オン・ザ・ウォーターで
一番よく人が渡っているのではないかと思われる
この橋。
面白いのは橋ではなくて
その横の水に沈む道路です。

水深40㎝くらいでしょうか、計ってないので分かりませんが
車がざぶざぶとここを通って行きます。

私がここをスケッチしていた時も車が通り、
私の座っている場所まで水があふれて来て
大慌てで道具を片付けて避難しました。
ちょっとした洪水体験。

そのとき描いていたスケッチです。

犬が2匹いるの、お分かりでしょうか。
黒い犬と水の中で必死に犬かきをしているちび助くん。ゴミではありません。
大きな犬は平気で渡れるのですが、
小さな犬は結構急な流れに流されそうになりながら
渡る姿が何度も見受けられました。

とにかく皆犬を飼ってると思われるくらい
皆さん犬を連れていました。
そして殆どリード無し。
よくしつけられてるようです。


コッツウォルズの旅

  • 2010.06.11 Friday
  • 18:36
昨日、イギリスの旅から帰ってきました。
案の定、降ったり止んだりのお天気でしたが、
比較的暖かく、過ごしやすい気候でした。

今回、なるべくその雰囲気を楽しんで頂きたく
写真を勝手ながら大きくしてあります。
間違いではありませんのでご了承下さい。


私たちはボートン・オン・ザ・ウォーターという
美しい町に滞在しました。
「イギリスのベニス」と言われるように、
町の中心に川が流れ、毎日沢山の観光客が訪れ、
川遊びや散歩でのんびり過ごしています。
浅い川には小さな橋が沢山掛かっています。


空には丁度熱気球が上がっていました。


早朝5時頃、散歩に出掛けました。
ホテルからほんの数分歩いた所はもう町外れ。
牧場にあまり見た事もないような牛がのんびり
朝ご飯を食べています。

この景色!朝霧で遠くがかすんで
まるで一つの絵のよう。
牛の息が白く立ちのぼっているのも
本当に美しかった〜。
写真より実物の方が何倍も美しかった〜。


朝は犬の散歩の方にもよく出会います。
イギリスの田舎にはあちこちに
「フットパス」と呼ばれる細い抜け道があるのですが
そこを見つけて歩いて行くと
きれいな景色に出会えます。
ここも私のお気に入りの場所です。

ここを毎日散歩している犬たちがうらやましい!
しかもどの犬もリードは外してあります。

大きなわんこに吠えられてびっくりしてたら
飼い主さんが
「まだベビーだから分からないのよ、ごめんなさいね」
といってた。随分大きいベビーだった・・・。


この時期、バラが見事で・・・と言いたい所ですが
どうも例年よりバラの開花が遅れているようです。
以前来た時より明らかに咲いていない。
前はここにいっぱい咲いてたなあ・・・と思えば
沢山の固いつぼみが咲くのを待ってました。
あー残念。
そのかわり、可愛らしいつる紫陽花が
お庭や森に沢山咲いていました。

イギリスへ行ってきます。

  • 2010.06.03 Thursday
  • 23:06
明日から10日まで
スケッチツアーに行ってきます。

今回はイギリスのコッツウォルズという地方です。
6月は丁度バラの季節なので
奇麗なイングリッシュガーデンを巡るのを
非常に楽しみにしています。

お天気が気になる所ですが
まあ、考えてても仕方ないので
とにかく良い絵が描ける事を祈りつつ、
描けなくてもきれいな景色の記憶を
いっぱい吸収してこようと思ってます。

ですので、一週間はブログもお休みです。
また帰国しましたら
旅のご報告をしますね。
お楽しみに〜。
飛行機

箱根小旅行

  • 2010.04.02 Friday
  • 00:05
寒い日が続き、窓から見える丹沢の山並みや
富士山が真っ白になってました。
珍しく快晴になった空を朝食時に眺めていたら
ちょっと行ってみたくなって
春休み中の子供達と一緒に
箱根へドライブに行く事にしました。

川崎の我が家から箱根までは
うまくいけば2時間程で行けるはず。

目的地は子供達も大好きな
彫刻の森です。

出掛けるというとぶーぶー文句を言う子供達ですが
遊具もある彫刻の森なら大歓迎。

平日とはいえ箱根が近づくに従って道も混んで来て
さらに道が雪で滑りやすいため
結局3時間程かかってしまいましたが
なんとか無事に到着。

しかしさらに問題が・・・。
子供達の楽しみにしていた野外の遊具が
雪でことごとく使用禁止。
新しくなったネットの森も
すごーく楽しみにしてたのにね〜。
屋外に移っていてやっぱりダメでした。


雪の中の桜が奇麗。

結局遊べたのは迷路になっているところだけ。
しかも雪で足下はびちょびちょ。
その迷路の壁にはクリスマスローズが。
青い空とのコントラストが奇麗です。



その後、芦ノ湖まで足を伸ばして
日本画で有名な成川美術館へ。
ここまで来たのは本当に久しぶりです。
10年以上はご無沙汰だったような・・・。
やっぱり日本画は素晴らしい!
筆先に込める祈りに似た心が
ひしひしと伝わってきます。

そして窓からの風景。


帰りは日帰り温泉に寄って
久しぶりの子供達との時間が
とても有意義で充実した一日でした。

ニュージーランドに行ってきました

  • 2010.01.26 Tuesday
  • 23:29
初めてニュージーランドへ行ってきました。
南半球は「夏」というので
きっと暑かろう・・・と想像していましたが
夏というより春の感じ。
日差しは強いですが
風はむしろ冷たいくらいでした。

さて、今回は総勢20人程の方々と
スケッチ旅行でした。

まずは南島のテカポ湖畔のホテルに滞在。
良いロケーションなのですが
残念ながら初日はあいにくの雨。
頑張って軒下でスケッチしてみたものの
やはり雨に打たれて
スケッチは断念。

ご覧の通り
湖はトルコブルー。
日が射すとプールの水のように
白っぽいグリーンに輝きます。


雨があがり、日が射した夕焼けのようす。
右側に小さく見えるのが
「良き羊飼いの教会」


そして一番高い山マウントクック。
お天気に恵まれ、セスナで空中散歩しました。
これは上から見た山頂です。
とっても雄大で奇麗でした。


クライストチャーチの町中を流れるエイボン川。
のんびり手漕ぎの舟が行き交います。


路面電車も良い風情です。

少しノスタルジックで
でも現代的なものも混在する
雰囲気のある奇麗な街でした。

通り雨が多く、
スケッチには苦労しましたが
また行きたくなる
美しい国でした。

秋の軽井沢スケッチツアー

  • 2009.10.22 Thursday
  • 11:14
10月19日から1泊2日で
クラブツーリズム主催の
スケッチツアーに同行しました。

今年の夏の不安定なお天気を
挽回するように連日快晴でした。
まずは軽井沢タリアセンでスケッチ。
20名のお客様とともに
各自思い思いにスケッチを楽しみました。

タリアセン

タリアセン
紅葉も見頃。紅葉と空の色が水面に映って奇麗です。

日付変わって
次の日は朝5時起きで一人ホテルのそばで
朝の風景を一枚。

ホテルを出発して
今度は白糸の滝へ。
白糸の滝

さすがにこの辺りは標高も高くなり
紅葉も終わりという感じ。
風で落ち葉がひらひらと舞う姿は
かなり風情がありました。

観光客も次々訪れますが
端っこの方でまとまって描いていたので
さほどお邪魔にはならなくて
良かったです。
関西系のテレビ局が取材に来ていて
もしかすると我々の写生姿も
ちょっと映っているかもしれません。
但し関西でしか放送されないそうです。

午後から雲場池へ。
雲場池
こちらはまさに紅葉が一番の見頃で
どこを見てもとても美しい景色でした。
ここでも皆さん果敢に水と紅葉に挑戦。

考えてみたら水と紅葉って
モチーフとしてはかなり難しい組み合わせですね。

でも皆さんとってもいい作品を
沢山生み出していらっしゃいました。

とても充実した楽しいツアーでした。
参加された皆様、有り難うございました。

サムイ島へ行ってきました。その4 ホテルの食事編

  • 2009.08.13 Thursday
  • 23:04
折角のタイでのお食事は
やはりタイ料理を食べたい。
でも、注文の仕方も分からないし・・・と言うときに
バイキング形式は有り難いです。

ホテルのお食事は朝食がバイキングで
実物を選んで食べられるので
少しずつとって楽しみました。

さすが南の島!果物が豊富!
タイ食事
どうだ!と言わんばかりのトロピカルフルーツ達。
好きなのを自分で切ります。
とはいえ、味や食べ方の分からないものばかりです。
タイ食事
ドラゴンフルーツもあります。
タイ食事
スイカ等のカットフルーツはこういった蠅帳がかぶせてあります。
でも案外ハエはほとんど見かけませんでした。
タイ食事
こちらは洋食風のメニュー。生野菜やハム等が並んでます。

タイ風のお食事はこちら
タイ食事
やっぱりふたがかぶせてあるので
メニューラベルを見ながら一つ一つ開けて取ります。
シューマイやチャーハンなどがあります。

タイ食事
このおじさん、いい顔してました!
湯切りの姿がサマになってます!
タイ食事
タイラーメンは好きな麺を選ぶと
その場でさっと湯がいて作ってくれます。
細麺、平打麺、たまご麺がありました。
タイ食事

色々選んでおなかいっぱい。
どれも美味でした。
タイ食事

そうそう、夕飯もバイキングのときがあったのですが、
その時見かけた「おすし」です。
タイ食事
ちゃんとマグロやエビが乗った握りもあります。
わさび、ガリもこれでもかっていうほど
たっぷり置いてあります。
味は、そうですね、タイ米ですから、想像通りです。

そして、こちらはランチで頂いたタイカレー。
この旅で一番美味しかった、グリーンカレーとレッドカレー。
タイ食事
タイ食事
多分、幾らかは外国人向けに
マイルドにしてあるんだと思うのですが、
辛いの苦手な私にはかなり辛かったです。
でもとっても美味しかった。
また食べたいです。

今日のブログは食べ物ばかりでしたね〜。
ごちそうさま〜ラーメン

サムイ島行って来ました その3 ナンユアン島編

  • 2009.08.12 Wednesday
  • 22:31
サムイ島から高速船で2時間程の小さな島
ナンユアン島でのシュノーケルツアーに参加しました。
ナンユアン島1
インターネットで探した「ほうぼう屋」さんにお願いして
子供達とシュノーケル体験。
朝7時にホテル前にお迎えが来て
他のホテルからのお客さんと一緒に
マイクロバスで30分程離れた船着き場へ。
ほうぼう屋さん率いる日本人グループが乗り込みます。

高速船はこの日は「波が高いから揺れますよ」とのことで
全員酔い止めをもらって、殆ど寝てるうちに島へ到着。

ナンユアン島2
本当に小さな島。この辺りでは一番美しい海だそうです。
この日はちょっとお天気が不安定。
遠くの空が怪しく曇っています。

さっそくダイビング体験の人と別れて
シュノーケルの道具を借りて海へ。
特にレクチャー等ありませんでしたが
まあ、教えられる事もない誰でも出来るシュノーケル。

ここの魚達は人間に慣れているので
すぐ寄ってきます。
水の上からでもほらご覧の通り魚の群れがよく見えます。
ナンユアン島3

水の中ではこんな感じ。
ナンユアン島4
えさ用にガイドさんからもらったパンを撒くと
先を争うように飛びついてきます。
素手なのでうっかり噛み付かれる事も。
でも愛嬌のある魚達なので怖くありません。

ナンユアン島5
すぐ下には珊瑚の林。
巨大ウニや
ウツボなんかもいました。

ナンユアン島6
お昼には島にあるレストランでバイキングの昼食を頂きます。
タイカレーもあり美味でした。

ナンユアン島の全景
ナンユアン島10

夕方ナンユアン島を出発。
さらに大揺れの高速船に乗り、サムイ島へ帰りました。

とっても貴重な体験ができ、子供達も大満足でした。
実は全くの金槌の私でもぷかぷか浮いているだけなので
充分楽しめました。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM