サムイ島へ行ってきました。その2

  • 2009.08.12 Wednesday
  • 17:19
私たちが泊まったホテルの近辺は
サムイ島でも一番の繁華街にあたる
チャウエンビーチ沿いにあります。
繁華街というとどれだけ騒々しいのか
と少々不安でしたが
やはり小さな島だけあって
「比較的賑やかな」という表現でいいくらいの
小さな町でした。
ヤシの木より大きな建物は建てないという条例に従って
ホテルも高層ビルのようなのはありません。
暑い日中には道ばたで果物屋さんが
氷を入れて冷やしたフルーツを売っています。
サムイ島6
バイクに荷車をくっつけたこういった
屋台がたくさんあります。
子供の頃から乗って親を手伝うそうで、
バイクの乗りこなしは雑技団並です。

チャウエンビーチ2
「賑やかな」の一因でもある行商の売り子さん達が
浜辺の観光客相手に
色んなものを売り歩いています。

タイ人のガイドさんに連れて行ってもらった町の屋台。
地元の人が気軽に利用するお店です。
屋台
ガイドさんおすすめの「タイラーメン」35バーツ。日本円では100円くらい。
屋台2
本当の名前は・・・聞いたんですが、発音が難しく結局分からずじまい。
魚のスープにフォーのような米粉麺に、つみれと焼豚が乗っています。
何やら葉っぱともやしはお好みでトッピング。
唐辛子やナンプラー、砂糖もお好みで。
ガイドさんに入れてもらったら
ティースプーンに一杯唐辛子をすくったので
「あ、辛そう」というと
「タイでは子供が食べる辛さです」との返事。
食べてみたら、思った程辛くないけど、
日本の子供には無理でしょう。

味はサッパリしていて
ラーメンというより細めんうどんといった感じ。
とても美味しかったです。
食べ慣れないものを警戒する子供達も
完食です。

サムイ島へ行ってきました

  • 2009.08.12 Wednesday
  • 00:52
タイのサムイ島へ家族旅行に行ってきました。

チャウエンビーチ
タイへの旅行はこれが初めて。
サムイ島がどこにあるのかを知ったのもつい数ヶ月前です。
家族の夏休みの思い出に3泊5日の旅を
奮発しました。
台風が多いこの時期でも
比較的お天気が安定しているという情報を得て
サムイ島への旅を決めました。

サムイ島2
バンコク経由でバンコクエアウェイズに乗り継ぎ。
小さなプロペラ機で飛ぶのは、島旅の常識でしょうか。
数日前、着陸事故があったばかりのサムイ島空港へ。
何事も無かったかのような空港に無事降り立ち
ほっと一安心。
空港からほど近いチャウエンリージェントホテルに連泊します。


ホテルに到着したのは飛行機が遅れたため
すでに暗くなっていました。
真っ暗な中にプールがライトアップされていて
きれいでした。
予約していた部屋はすでに満室で
代わりに2ランクも上のスイートを差額無しで
使わせてもらうことに。
海にもプールにもレストランにも近い、バンガロー型の部屋でした。
この日はフルムーンパーティーといって
月に一度の満月の夜のお祭りがあるらしく
海辺も通りも賑やか。

サムイ島3
朝の様子。これはもう一つの海側にあるプールです。


上高地スケッチツアー

  • 2009.07.30 Thursday
  • 14:42
7月23日、24日と1泊二日で
信州の上高地へスケッチツアーに行ってきました。

新宿を出発した時点ではお天気は下り坂の空模様。
雨具はばっちり用意してはいましたが、
山の上ではお天気かもしれない・・・と
ほのかな期待をもって出発しました。

上高地1
幸い現地では雨もやんで、青空まで見えてきました。
さすが晴れ女、晴れ男が集結して下さった賜物です。
とりあえず、まずは私のデモンストレーションです。
上高地2

空気はきれいだし、お天気もまずまず。
気持ちのよい風景の中で
皆さんのびのびと描かれていました。

次の日は朝からちょっと霧が出て
もしや雨になるのかなあ・・・と
心配しましたが、徐々に回復。

ホテルから田代池へ向かいながら
途中描いた風景。
水の流れがとても奇麗でした。
上高地3

田代池近くの広原。
上高地5

田代池は人気があり、
観光客で狭い場所がいっぱいになってしまうので
描く場所があるかも心配しましたが
端っこの方でスペースを作って
みなさん頑張って描いていました。
上高地4

帰りの高速道路では土砂降りの大雨となりましたが、
新宿に着くとタイミングよく雨が上がってくれました。
本当にお天気に恵まれて良かったですね。
参加された皆様お疲れさまでした。



スイスの旅

  • 2009.06.30 Tuesday
  • 11:02
昨日スイスから戻ってきました。
駆け足で簡単なご報告。

今回の旅の行程は
チューリヒ空港→シュタイ・アム・ライン2泊
→グアルダ3泊→ルツェルン1泊→チューリヒ空港
8日間の旅でした。

はじめに訪れたシュタイ・アム・ライン
シュタイアムライン

ホテル前の市庁舎のある広場は
中世の雰囲気を残すとても趣のある場所です。
一軒一軒、違ったタイプの壁画が描かれていて
不思議な調和を醸し出していました。
シュタイアムライン2

あいにく、雨が一日中降り続き、
ここで描いた絵はほとんどが雨でした。
移動日の朝に晴れて、惜しみながら
町をあとにしました。

グアルダへ移動する途中
立ち寄ったシャフハウゼンから
少し足を伸ばして
ラインフォールへ行ってみました。
ラインフォール
大きな滝と聞いていましたが
連日の雨と雪解け水とで
かなり水かさが増えてすごい迫力です。
滝のなかにある岩に上るための渡し船が
人気のアトラクションの様でした。


今回の旅のメインである
グアルダです。
ここは「ウルスリの鈴」で有名な
スイスの絵本作家アロイスカリジェが
そのモデルとした村です。
グアルダ
村の全景。
アルプスを背景に小さな村がぽつんとあります。

ここでは幸い、お天気に恵まれました。
日が差すと半袖でも大丈夫なほどでしたが、
陰になると上着が必要です。

グアルダ2
ホテルの横の道。

ここから数分ですぐ高原が広がります。
グアルダの花

隣の村まで広々とした山道を歩くと
野の花がまるで誰かが
植えたように
いい具合にどこまでも沢山咲いています。
遠くで牛の鈴の音がカラーンカラーンと響きます。
いつまでもここにいたいと思う
風景でした。チャンスがあれば
是非また訪れたい場所です。

それでも帰らなければいけません。
空港に近いルツェルンで最後の宿をとります。
ルツェルン
さすが世界の観光地。
大勢の人でごった返しています。
それもそのはず、この日は年に一度の
ルツェルン祭りでした。

夜10時半頃、ホテルの外で
ドーンドーンと大きな音がすると思ったら
花火が打ち上がっていました。

ルツェルン花火
旅のフィナーレを飾る大きなプレゼントになりました。

カペル橋で観る花火はとても素敵でした。

スケッチ遠足

  • 2009.05.20 Wednesday
  • 10:44
群馬県にあるアンディ&ウィリアムスボタニックガーデン
へ行ってきました。

銀座の生徒さんの親睦をかねた遠足です。

ガーデン
心配したお天気も暑すぎずちょうど良い気候でした。
バラのアーチなどまだ咲き始めの様子でしたので
バラはあと1〜2週間後頃が見頃かもしれません。
シャクヤクは沢山咲いていました。

ボタニックガーデンスケッチ
現地でのスケッチ。
滞在時間が三時間半と少なめでしたが
皆さんのんびりした雰囲気の中
とても良い絵を描いていらっしゃいました。

スケッチ

シャクヤク
残り15分で描いたシャクヤク。
もう少し描きたかったけど
夕方で乾かないのでここまで。

参加された皆さんお疲れさまでした。

屋久島ツアー続き

  • 2009.03.18 Wednesday
  • 10:03
二日目は良く晴れて
バスで白水雲水峡へ。
ここはせせらぎ沿いに遊歩道や山道があり、
よいトレッキングコースになっています。
奥の太鼓岩という所まで行くには
5時間コースを選ぶそうですが、
さすがにそれは無理。
私たちは一番近い弥生杉コースを行きましたが
それでもたっぷり自然を堪能しました。
弥生杉
りっぱな弥生杉。
弥生時代から生えてるということです。

屋久島は殆ど斜面なのでこの杉も
後ろに下がれず直下から見上げます。

雲水峡1
せせらぎもきれいです。
雲水峡2

二代杉
こちらは二代杉。
一代目が倒れた後に種がついて
次の杉が生えてきたそうです。
屋久島は地面が岩山なので
栄養分を他の木の株からもらって生きている木が
沢山あります。まさに輪廻という感じ。


yakusima7


最後の日は残念ながら朝から雨。
「屋久島は1ヶ月に32日雨が降るよ」と
タクシーの運転手さんが仰っていました。
それだけ良く雨が降るからこそ
大きく杉が育つんですね。

雨の中傘をさして「ヤクスギランド」を散策。
スケッチはすっかりあきらめて
しっかりともののけの世界に浸りました。
屋久杉

雨の中の原生林も趣があってとても美しかったです。
ヤクスギランド

屋久島スケッチツアー

  • 2009.03.14 Saturday
  • 23:40
行って来ました。屋久島。
2000メートル級の連山の島ということで
殆ど斜面の島です。
山の中は急な斜面が多いので
トレッキングは足に自信のある方に人気なようです。
今のシーズンは大学の春休みだからか
若者の登山者が多かったです。

私たちはもちろん登山は目的ではありませんので
出来るだけ体力を消耗しない方法で
スケッチしてまわりました。
まずは大川の滝。おおこのたきと読みます。
yakusima1
写真では良くわかりませんが
かなり大きな滝です。
yakusima2
皆さんの作品。

屋久島にはおさるさんと
鹿が住んでいます。
yakusima3ヤクザル
yakusima6ヤクシカ
小さめでおとなしく、
近寄ってもさほど警戒しませんし
襲って来ません。


菜の花と富士山 西伊豆スケッチツアー

  • 2009.02.18 Wednesday
  • 22:07
西伊豆の井田地区へ日帰りの
スケッチツアーに行ってきました。

井田
お天気もこの通り快晴です!
菜の花畑で「井田」って書いてあるのが面白い。
でも絵にするにはちょっと邪魔・・・。
下におりて菜の花を近くから描くことにしました。

井田2
富士山もよく見えます。

井田3
みなさん菜の花に埋もれながら富士山を描いてます。

今日の私のスケッチ、2点。
スケッチ1

スケッチ2
下の方の白い花は八重咲きの白スイセン。

のどかな田園風景ときれいな富士。
皆さんも幸せ感たっぷりの気持ちの
よい絵を描いていらっしゃいました。
楽しかったですね。
お疲れさまでした。




浅草散策

  • 2008.11.17 Monday
  • 22:44
イギリスで知り合った
ドイツ人の友人が
日本へツアー旅行で来ているとの連絡を受け、
彼が滞在している浅草へ。
浅草2

叔母に通訳と案内係を頼んで、
母と浅草をご一緒に散策して
再会を喜び合いました。
とはいえ、お互い英語は外国語。
なかなか上手く言いたいことが伝わらず
?の連続でしたが、
とても楽しい時間を過ごしました。
浅草1

浅草の夜はきれいでした。

スケッチツアー@河口湖

  • 2008.11.13 Thursday
  • 22:24
河口湖1
河口湖へスケッチツアーへ行ってきました。
時節柄、寒さを覚悟して行きましたが、
とてもよい天気に恵まれ、
ぽかぽかと暖かい一日でした。
富士山もごらんの通りバッチリ。

河口湖2
訪れたのは河口湖のほとりにある
「UKAIオルゴールの森」。
建物の中では大きなパイプオルガンを奏でる
オルゴールなど、からくりのオルゴールなど
沢山展示されています。

河口湖4
思い思いにスケッチを楽しみました。
皆さんよい絵が描けていました。

河口湖3
数は少なめですが綺麗な秋バラも咲いています。

スケッチが終わったあとは
美味しいケーキとお茶で
ゆったり。

とても楽しい旅行でした。
皆様お疲れ様でした。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM